成人病とはどんな病気?

成人病は、中年期~老年期に起こるリスクが高くなる病気です。
昔の医学では、加齢によって起こるのが成人病であって、避けられないものというイメージが強かったです。
これが1996年頃から、生活習慣病という名称に変更されました。意味はだいたい同じように使われていますが、生活習慣病は好ましくない生活習慣によって、子供からお年寄りまで誰にでも起こる可能性がある病気という意味が込められています。
現在では生活習慣によって起こるのが成人病という意味合いで使われています。
具体的には、がん、循環器疾患、糖尿病、高血圧、高脂血症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などが挙げられます。日本人の6割が、生活習慣によってもたらされる病気によって亡くなっていると言われています。
逆に考えれば、食生活、運動習慣、喫煙、飲酒、などの生活習慣を改めれば予防や改善が期待できるということです。
食習慣の欧米化に伴い、大人だけではなく子供の高血圧や肥満も増えています。また、本来は大人の病気として認識されていた2型糖尿病に罹る子供もいます。
現代は暮らしが便利になったおかげで歩く距離が減ったり、大きな動作を必要としない生活に移行したせいで、運動量も昔より減っています。
また、喫煙や飲酒をやめられない依存症の人もいます。子供は喫煙や飲酒の被害はないと思われがちですが、家族に喫煙者がいれば、受動喫煙で喫煙者と同じくらい体に悪い空気を吸い込んでいることになります。これが原因で肺がんのリスクが高くなったり、最近問題になっているCOPDになるケースもあります。
成人病はいまや成人以降の人だけの問題ではありません。子供の頃から気をつけなければいけない病気になっています。