ココナッツオイルは成人病を改善してガン細胞も抑制

ココナッツオイルは成人病を改善するのに効果があります。ココナッツオイルはココヤシの実を絞ることで抽出され、現地のフィリピンでは数千年も前から薬として使われていました。成人病である肥満は、腸から栄養が吸収されないことで基礎代謝が落ちると発症しやすいです。食品の栄養を吸収できないのは、多くの食品に添加物が付着しているためです。ココナッツオイル腸の絨毛に浸透して、食品に付いている汚れや化合物を除去します。また豊富に含まれている中鎖脂肪酸は脂肪として蓄積しにくいので、ダイエットに有効です。コレステロールを下げる効果もあるため、中性脂肪が減って糖尿病や動脈硬化といった成人病も防げます。また成人がかかる恐ろしい病気にガンがあります。ガンは血液が錆び付いて正常に機能しなくなることで細胞がガン化して発症するとされます。ココナッツオイルには抗酸化作用の高い対抗ラウリン酸が含まれています。これによってガン細胞を抑制されて健康を維持できます。さらに認知症予防にも効果的です。認知症の原因はブドウ糖が脳細胞に吸収されないことです。栄養が供給されなければ脳細胞は死んでしまうので、記憶力の低下など様々な症状が出ます。脳へ送られる栄養にはケトン体も含まれており、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸はケトン体の元です。よって普段から食事に入れておけば、認知症にかかりにくくなります。ココナッツオイルは1回の食事で大さじ2~3杯を3回摂取します。ココナッツオイルを大量に摂取したりそのまま食べたりすると下痢になることがあります。食べ慣れていない人は、1日1回から始めてカッテージチーズと一緒に摂ると体調を崩さないと言われます。